まずは毛穴をきれいにしたい!

毛穴がきれいな状態って憧れますね。
毛穴がきれいだと肌も一段ときれいに見えます。
化粧のノリも良くなります。

 

  • 毛穴が目立つからどうにかしたい
  • 毛穴を消したい
  • 毛穴の黒ずみが気になる

 

毛穴の悩みを抱えている女性は特に多いです。
数々のお肌トラブルの重要なケアの一つです。

 

毛穴がきれいな状態を目指していきたいですね。

 

毛穴がきれいな状態とは?

 

そもそも毛穴がきれいとはどういうことでしょうか?

 

・毛穴がしっかりと閉じている。毛穴が開いていない。
・毛穴に汚れが詰まっていない(黒ずみがない)
・近距離でも肌にぽつぽつと毛穴が見えない状態。

 

あげればあげるほどきりがありませんが、
これらの状態が代表的な毛穴がきれいな状態と言われています。

 

毛穴は正しくケアをしてあげるときれいになる

 

正しくケアをすることによって毛穴をきれいにすることができます。

 

毛穴がしっかりと閉じていて見えない。
毛穴の黒ずみが見えない。

 

これらの状態を作ることができるんですね。

 

毛穴をきれいにするための正しいケア

 

毛穴をきれいにするためには正しいケアを続けないといけません。

 


すぐに毛穴に詰まった汚れを取りたいからと、
毛穴パックや毛穴スティック(汚れを押し出す棒)は使ってはいけません。
こういうものを使うと一時的に汚れが取れるかもしれませんが、
かえって毛穴を広げてしまうことになります。

 

毛穴が広がると汚れが入りやすくなりますので、
毛穴に汚れが入りやすくなってしまいます。
小さい毛穴のつまりだったものが、
はっきりと見て分かるぐらいの大きさにまで広がってしまうかもしれません。

 

毛穴は適度のケアをしてあげないと、毛穴に汚れが溜まってきますので、正しいケアを続けていくようにしてください。

 

正しくケアをすることで毛穴に汚れが溜まりにくい状態を作ることができるんですね。

 

 

では毛穴の正しいケアを見ていきましょう。

 

1.蒸したタオルなどで毛穴の汚れが気にある部分にあてて、毛穴の汚れをうきやすい状態を作ります。

 

蒸しタオルが面倒な場合はお湯をためた陽気に顔を近づけてケアするでもいいです。

 

毛穴の汚れがぽつぽつと見える部分もそのままの状態では、汚れは取れません。一度毛穴を開いてあげる必要があります。その方法としてご提案させて頂きたいのが、蒸しタオルを使った方法です。

 

レンジなどで1分ほど蒸しタオルを作ります。

 

蒸しタオルを数分あてて毛穴を開きます。

 

これで準備完成ですね。

 

もしご自宅にスチーム機器などある場合はそちらをご使用下さい。

 

 

2.クレンジングで汚れを溶かし落とす。

 

毛穴の角栓の正体は毛穴の角質や皮脂です。

 

この皮脂をもっとも取り除きやすいものがクレンジングになります。

 

蒸しタオルで広げた毛穴の箇所に優しくマッサージをしてあげるようにして、
角栓を浮かし落とします。

 

肌が乾燥で固くなっていたりする場合は毛穴がなかなか広がりませんので、
1回のクレンジングではうまく取れないかもしれませんが、
ここで焦ってはいけません。

 

正しいケアを続けていくことで、少しずつ浮かし落とすことが大切です。
変に間違ったケアをしてしまうと肌を痛めてまた別の問題を引き起こしてしまうかもしれませんので、
ご注意ください。

 

クレンジングはニキビや肌荒れの原因にもなりかねませんので、
自身のお肌に合った成分ものをお選び下さい。

 

最近ではお肌に優しいゲルのものや泡タイプのものも出ていますので、
そちらを購入することをお勧めいたします。

 

3.洗顔

 

最近では洗顔不要のクレンジングも出てきていますので、
これはそのクレンジングに書かれている通りにしてください。

 

洗いすぎは乾燥を引き起こしお肌トラブルになりますので、
お止め下さい。
洗顔は汚れを落とすことが目的です。

 

洗いすぎるとなんでダメなの?
チェック みたいな枠で
ニキビの原因になる。

 

もしオイルタイプのクレンジングをお使いの場合は、
オイルの残りをしっかりと洗顔フォームで取る必要がありますので、
正しく洗顔をして下さい。

 

洗顔の方法はよく泡をたてて、泡で優しく洗うことがコツです。
ごしごしと洗いすぎないようにご注意ください。
あくまで泡で顔についた汚れをすくい取るような感覚です。